忍者ブログ

オーストラリアワーホリブログ '97~'98

オーストラリアでのワーキングホリデーブログ。当時の情報含む留学、生活、バイトそして大陸1周旅行等の笑いと涙そして愛の?!1年の記録。DOWN UNDER WORLDへ行ってみませんか?
COPYRIGHT©DAI ALL RIGHTS RESERVED

DATE:09.23.05:33
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 09/23/05:33

DATE:10.18.20:55
みんな居なくなった・・・・

年が明け、オレは仕事を得る為に12月まで通ってた学校で
今もまだ通ってるような顔をしてPCで履歴書を作り
スーツを着てチャイナタウンを歩き回っていた。


とにかく店に片っ端から入って"バイトさせてくれ"を繰り返していた。


「英語よりも中国語ができないとダメ」

どの店でもそう言われた。


ヘレン(ホームステイマザー)に仕事を探すなら
チャイナタウンと言われて回ってみたけど一向に前に進まなかった。


”まあね、そう簡単には行かないだろう…”


何の収穫もないまま町に戻ってみるとニコルたちがいた。

オレの髪型とスーツ姿を見て皆が「どうしたの?そのカッコウ」と聞いてきたが
彼女だけは「ヤクーザ、ヤクーザ」と言っておもしろがっていた。

やけに彼女の荷物が多いのでどうしたのかと思ったら
その日シドニーへ移るということだった。

ビックリした。


suit.jpg

 

 

ダイアンは何時の間にか知らない男とりん・らぶして
どこかに行ってしまったし、また友達が旅立とうとしていた。

そういえばダイアンはあんなにスイスに残してきた彼に会いたい会いたいと言ってたのに
あっという間に口の上手いイタリア人とできちゃってた。


”遠く離れてしまうってのは怖いことだねえ”と他人事みたいに感じてた・・・・


アヌークはそれを見ながら渋い顔をしていた。
彼女がスイスフレンチトリオで一番若かったのに一番シッカリ者だったように思う。

まあそんな下世話な話はさておきもう一つの別れが訪れた。


ジンがシドニーに行く日が来た。


あの日、オレが一緒に行けないと話して以来、オレと彼の関係は微妙に変わっていた。
やっぱり"裏切られた"という思いがあったのかもしれない。


距離が変わっていた。


だからオレは最後に皆が長距離バスが発車するトランジットセンターに
見送りに行く時も、なんだかオレ行っていいのかなという感じだった。

最後、皆が涙してる間も絶対泣けないと思っていた。(普段は涙腺が弱い。)

彼は珍しく真面目な顔をしてバスに乗り、そして消えて行った。

オレらは取り残された。なんだか妙に寂しかった…
そのバス亭を離れた。

オレは先頭に立ち、急ぎ足でそこから離れた。。アヌークが隣にいた。

気付くと「あいつはあほだった………。

でもいいやつだった。」というようなことを呟きながら泣いてた。

アヌークはびっくりしていた様だった。
でも涙が止まらなかった。


皆居なくなっていった・・・。


sin2.jpg
PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK-BACK

TRACK-BACK URL